« 久しぶりのどら焼き | トップページ | 花火と鮎 »

未来へ

お盆はいかがお過ごしですか??
お休みの方もお休みじゃない方も、
充実の時間をお過ごしのことと願います。

今日は終戦記念日ですね。
今があるのは、過去を作って下さった
全ての方々の御努力のお陰様です。
平穏な毎日を送ることが出来ることに感謝しつつ、
それを未来に繋げられるように、
少しでも、誰かのお役に立てる人間に
ならなければいけないと改めて思います。

【2013年:水瀬あやこ出演情報】☆


【【ライブ情報】】

【伊豆山温泉さざえ祭り ステージ出演】

日時:2013年8月22日(木)    

 18:55~19:05(糸川ベンチャーズさんとジョイント)       

    19:45~20:10(水瀬あやこライブ)

※さざえ祭り開催時間は18:00~21:30、花火大会あり

場所:伊豆山海岸 (静岡県熱海市伊豆山)

※熱海駅より伊豆山・湯河原行きバス逢初橋下車徒歩5分

http://www.izusan.com/sazaematuri.html

【ウランアワー ゲスト出演】

日時:2013年8月25日(日) 開場19:00/開演19:30

場所:高円寺円盤

(杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F )
TEL/FAX 03-5306-2937

http://enban.web.fc2.com/

料金:1000円+1ドリンク(500円)

※予約は不要です。

出演:内條雲嵐さん、腹肉ツヤ子さん、水瀬あやこ 他

【ジャズライブ スペシャルナイト ゲスト出演】

日時:2013年8月31日(土)

    18:30~19:10(お客様歌唱コーナー)

    19:30~20:20(1回目)

    21:00~21:50(2回目)

場所:六本木KNOB

 (東京都港区六本木6‐1‐6‐3F/Tell:03-3404-4001)

チャージ:3500円(ご飲食代は別途かかります)

ご予約:secky@themis.ocn.ne.jp

出演:関口マサトさん(ピアノ&ボーカル)

    高橋宏種さん(ベース)

    マーヤさん(パーカッション)

    水瀬あやこ(ゲストボーカル)

【関口マサト スペシャルSHOW ゲスト出演】

日時:2013年9月8日(日)

    開場/12:00 お食事開始/12:15

    開演/13:00 (三部構成)

場所:JOYSOUND品川港南口店2F「J-SQUARE」

    (東京都港区港南2-5-12)

料金:8000円(お食事付き)

お問い合わせ・ご予約:secky@themis.ocn.ne.jp

お店HP http://shop.joysound.com/joysound-shinagawa/

※関口マサトさんを中心に、ゲストとして、

歌手の紀藤ヒロシさん、平田祭子さん、

ダンサーの船山正明さん、五十嵐久乃さん、

女優の棚橋幸代さん、歌手の水瀬あやこを迎え、

様々な演目をお楽しみ頂けるショーになっております。

【六所神社例大祭】

日時:2013年9月22日(日) 出演時間/20:30~

場所:六所神社(東京都世田谷区赤堤2-25-2)

※東急世田谷線「松原駅」徒歩3分

  小田急線「豪徳寺駅」徒歩7分

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« 久しぶりのどら焼き | トップページ | 花火と鮎 »

コメント

8月15日、平和の有り難さに感謝し、命の尊さを再認識する日だと私は考えています。しかし、ニュースを見ると、靖国参拝など、思想、宗教、自分の置かれている立場などがからんで、話は、不必要にややっこしくしている面もあります。なるほど、フランキー堺さんが演じられた「私は貝になりたい」が思い出されました。

投稿: 歌謡博士 | 2013年8月15日 (木) 23時50分

15日は御茶ノ水の診療所にみなせあやこ猫と2月分のお薬受領。みかけない警備車両と機動隊の若い人が2人。「警備、ご苦労様です」と声をかけ、なんの警備か聞くと「右翼の街宣」と。歩み去ると背後で「まじ!やば」。機動隊の人たちも、若者言葉。ほっこりしました。今次の戦争では総人口の4%、310万人もの人が亡くなったそうです。テレビで従軍作家の特集をしていました。「麦と兵隊」の作家も、戦後しばらくして亡くなりました。彼も、戦争の犠牲者だったのです。敗戦時25歳の父の部隊は、1500人のうち生還したのは50人だけだったとか。いまも世界の各地で悲惨な戦いが続けられています。銀座や秋葉原のにゃん活で、青い目の人たちが「そー、きゅーと、ぴーすふる」といってくれるのが救いです。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕 | 2013年8月17日 (土) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/52896730

この記事へのトラックバック一覧です: 未来へ:

« 久しぶりのどら焼き | トップページ | 花火と鮎 »