« 夏の大阪 | トップページ | 丹波市立春日文化ホールにて »

きんとっと

1374929297773.jpg
実家の金魚。
本当は三匹いますfish
元気に出迎えてくれて癒される〜、
で、実家に帰るといつも水槽の掃除とか
水換えしてる気が。
世話すると、余計に愛着が湧くもんですheart01

【2013年:水瀬あやこ出演情報】☆

【【ライブ情報】】

【渚ゆう子さんのオンステージ】

※渚ゆう子さんのコンサートの中で歌わせて頂きます。

日時:2013年7月28日(日) 開場13:30/開演14:00

場所:丹波市立春日文化ホール

(兵庫県丹波市春日町黒井496番地2)

※最寄駅/JR福知山線黒井駅下車徒歩3分

料金:前売り1500円/当日2000円(全席指定)

未就学児の入場はご遠慮下さい。

チケットは、各プレイガイドにて発売。

↓↓プレイガイド一覧表↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5193.pdf

お問い合わせ・ご予約:0795-74-1050

(丹波市まちづくり部生涯学習センター芸術文化係/春日文化ホール内)

↓↓コンサートチラシ↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5190.pdf

【伊豆山温泉さざえ祭り ステージ出演】

日時:2013年8月22日(木)    

 18:55~19:05(糸川ベンチャーズさんとジョイント)       

    19:45~20:10(水瀬あやこライブ)

※さざえ祭り開催時間は18:00~21:30、花火大会あり

場所:伊豆山海岸 (静岡県熱海市伊豆山)

※熱海駅より伊豆山・湯河原行きバス逢初橋下車徒歩5分

http://www.izusan.com/sazaematuri.html

【ウランアワー ゲスト出演】

日時:2013年8月25日(日) 開場19:00/開演19:30

場所:高円寺円盤

(杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F )
TEL/FAX 03-5306-2937

http://enban.web.fc2.com/

料金:1000円+1ドリンク(500円)

※予約は不要です。

出演:内條雲嵐さん、腹肉ツヤ子さん、水瀬あやこ 他

【関口マサト スペシャルSHOW ゲスト出演】

日時:2013年9月8日(日)

    開場/12:00 お食事開始/12:15

    開演/13:00 (三部構成)

場所:JOYSOUND品川港南口店2F「J-SQUARE」

    (東京都港区港南2-5-12)

料金:8000円(お食事付き)

お問い合わせ・ご予約:secky@themis.ocn.ne.jp

お店HP http://shop.joysound.com/joysound-shinagawa/

※関口マサトさんを中心に、ゲストとして、

歌手の紀藤ヒロシさん、平田祭子さん、

ダンサーの船山正明さん、五十嵐久乃さん、

女優の棚橋幸代さん、歌手の水瀬あやこを迎え、

様々な演目をお楽しみ頂けるショーになっております。

【六所神社例大祭】

日時:2013年9月22日(日) 出演時間/20:30~

場所:六所神社(東京都世田谷区赤堤2-25-2)

※東急世田谷線「松原駅」徒歩3分

  小田急線「豪徳寺駅」徒歩7分

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« 夏の大阪 | トップページ | 丹波市立春日文化ホールにて »

コメント

世話すると、余計に愛着が湧くし、愛着が湧くから、世話をしたくなるのでしょうね。このサイクルは、金魚に対して愛情があるから回っていくのですね。金魚は、ワンちゃんやネコちゃんみたいにじゃれついてくれたり、身を寄せてくれたりする事はありませんが、餌をあげるときに水面に口を出して、パクパクする様子が可愛いです。まるで、親鳥から食べ物をもらうヒナのように。この可愛らしさに、私は命の値打ちを感じます。一生懸命に生きている動物は、本当に可愛いですね。あやちゃんを癒してくれるのは、金魚の恩返しだと私は思いますよ。

投稿: 歌謡博士 | 2013年7月28日 (日) 00時44分

今日は丹波ですね。今は連絡がとれないけれど、「ぼうりゅうりき」という温泉、プロレス漫画をよく書いていた漫画家さんの応援をしていました。奥さんが黒井の出身で、ファンとの集いで、お国自慢をせれていました。歌津竜、鳥羽竜は現場で実見しましたが最近登場した丹波竜は、まだ拝見させていただく機会がありません。中生代の動物化石をこよなく愛するものとしては、ぜひ生きているうちに見てみたいものです。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕 | 2013年7月28日 (日) 06時56分

こんばんわ。^^。
 丹波ライブ~お疲れ様でしたぁ。我が家につくなり、
即、ユーチューブで、聞かせていただきました。
検索していて、ここに、たどりつきました。
 元歌とは、違うイメージで、いいんだけど、
 音程とか、聞かせどころとか、もういちど、
 トライしてほちぃような、きがして、・・・キュン、キュンと・・くるような・・
よけいな、お世話とは、思いましたが、せっかくの、
いいお声が、・・・生かしてほしような、そな感じがしてなrないのよねぇ。・・。応援してます~、頑張ってくださいね。・・・

投稿: よっしぃ | 2013年7月28日 (日) 20時38分

あれれれ、きんとっとって、なんどすえ!?って気になって調べたら、やっぱり、みなさん分かる人と分からない人がいたんですね。方言と思いきや、古語だそうです。おかしの、おっとっとも魚さんですよね。とっとは古語で地方に残ったそうです。愛媛もとっとというそうですね。関西もいうのかな。こちらでは、子供言葉と思ってましたが、さすがにギョギョってのはないみたいです。(w さしでがましいようですが、よっしいさんの指摘のとおり、情感を歌の中に織り込めるのは、その状況を頭に描きつつ、自分の感情を言葉にこめ、歌の抑揚と声の大小そして人生の経験から感情をこめて歌ことができた時に、言葉の分からない人さえも感動させることができるそうです。ナタリーなど聞いていても愛する人に歌っているというのが理解できるでしょう。またコンドルは飛んでいくも聞いていると鳥が羽ばたき、南米の急峻な山々を飛び越えて行く鳥が見えてきます。声も綺麗、音程も抜群、でも何かまだ足りない。これを超えた先にはミリオンセラーが待ってますよ。もう一息です。素人が余計なこと言ってすみません。でもぜひこの峠を乗り越えてくださいませ。

投稿: kano親子 | 2013年7月30日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/52632565

この記事へのトラックバック一覧です: きんとっと:

« 夏の大阪 | トップページ | 丹波市立春日文化ホールにて »