« ジャズライブ | トップページ | 憂鬱な訳は? »

先日のライブ!

遂に六月に入りましたね!!

いやぁ、今年もこんなに月日が流れていきましたか

皆さんの日々が順調でありますように。

ところで、一昨日は六本木KNOBさんでライブ。

関口マサトさん主催のライブで、

生バンドで歌わせてもらいました。

おはよう、おやすみ、こんにちは、ありがとう、

日常の言葉を同じ人が何回言っても

どれも決して同じものにはならないように、

歌も全部違うし、生演奏だとそれがより

顕著に出るような気がするなぁ。

全体的にジャズや洋楽ポップス中心に

歌謡曲もというレパートリーで、

歌謡曲と洋楽曲の分量がいつもと逆さやけど、

こういうのもたまにはエエなぁ

応援に来て頂いた皆様どうも有難うございました!!

関口マサトさん
Knob2_3


水瀬あやこ
Knob_2

☆【2013年:水瀬あやこ出演情報】☆

【戸田競艇場キャンペーン】

日時:6月9日(日) 1回目10:10~10:40

             2回目13:20頃~

      6・7レース終了後13:50頃~

場所:戸田競艇場イベントホール

    (埼玉県戸田市戸田公園8-22)

※JR埼京線戸田公園駅下車、徒歩30分、無料バスで5分。

【渚ゆう子さんのオンステージ】

渚さんのコンサートの中で歌わせて頂きます!

日時:2013年7月28日(日)

    開場 13:30/開演 14:00

場所:丹波市立春日文化ホール

(兵庫県丹波市春日町黒井496番地2)

料金:前売り1500円/当日2000円(全席指定)

未就学児の入場はご遠慮下さい。

チケットは、各プレイガイドにて発売。

↓↓プレイガイド一覧表↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5193.pdf

お問い合わせ・ご予約:0795-74-1050

(丹波市まちづくり部生涯学習センター芸術文化係/春日文化ホール内)

↓↓コンサートチラシ↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5190.pdf

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« ジャズライブ | トップページ | 憂鬱な訳は? »

コメント

きょうは、会社の地域OB会。偶数月の第一土曜日17時kから10人くらいで一献。現役の人もいて、なつかしい話に花が咲く。暮れにM銀行からA炭鉱の会社に経営が移管され、よくいえば家族的、ある意味封建的な社風も、だいぶ変わったらしい。有給休暇もとれず、早朝から深夜まで働きっぱなしの、すさまじい会社だったけど、いまは楽しい思い出。1500億円もあった任意積立金は、どうなったんだろうにゃあ。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち | 2013年6月 1日 (土) 11時08分

昨日は自衛隊の予行演習を見てきましたが、榴弾砲の発射音の迫力に鼓膜が破れそうになりました。明日は本番ですので、貴賓席には座れませんが、予行演習でしたので一番良い席で観戦することができ、最高の一日でした。自衛隊の協力団体ということで行きました。ライブの写真熱唱しているのがうかがえますね。ところで台湾の歌姫はみなさん歌がうまいですよね。テレサテン、オーヤンフィフィ、などなど。なぜなんでしょうね。それは中国語の音階と言うか響きというか、この抑揚がある言葉にヒントがあるのではないでしょうか。是非中国語を勉強していただければ、音楽の特に日本における音楽の琴線を御理解いただけるではないでしょうか。そして演歌がすべての日本人の心に通じるのではないかと考えております。演歌、やってみてくださいくせ。きっと嫌いでしょうけどね。最近やっと演歌の良さがわかってきましたよ。歌唱力が数段あがりますよ。私が保証します。

投稿: kano親子 | 2013年6月 1日 (土) 22時34分

そうですね。歌は、ある意味、偶然の芸術、もっと正確に言えば、二度と同じ表現が利かない貴重なアートなのだと思います。確かに、歌詞も、楽譜も、その曲については、ひとつしか存在しないでしょうが、歌う歌手、演奏する楽団の状況は、千差万別です。だから、ぶっつけ本番で、予想もしなかった傑作が誕生する事もあるのです。尾藤イサオさんが、「あしたのジョー」をレコーディングしたとき、歌詞を忘れてしまい、「だけどルルルル…」と歌ったところ、スキャットがもともとの歌詞を凌駕してしまい、想定外の成功を収めた事もありました。そこには、音楽理論を越えた神様のプレゼントが待っているのでしょうね。

投稿: 歌謡博士 | 2013年6月 2日 (日) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日のライブ!:

« ジャズライブ | トップページ | 憂鬱な訳は? »