« 人生は一度きり | トップページ | 人それぞれ、ウエディングドレスのウェブサイトを見る理由 »

名前

素晴らしいお天気!
だけどまた大きな地震があって心配です。
いつ何があるか分からない、色々ありすぎて
本当に心休まる時はありませんね。

それにしても、最近また
自分の本名が、何て面倒な名前かと思います。
楠野(くすの)って苗字、
まずちゃんと聞き取ってもらえない 笑
いつも極力、最高の発音目指して
ク、ス、ノ!!ですって言うけど、
それでもまだ滑舌のレベルがダメみたいで、
草野さんとか、串野さんとか、臼野さんとか、
四文字パターンだと岸本さんとか、
バリエーション豊かに間違えられます。
そして、あやこ。
紋子って書きますが、パソコンや携帯で
紋って漢字、(もん)と入れないと出てこない。
私の経験上だと、(あや)では出てきません!
真面目に「もんこ」さんですか?って聞かれたり、
手紙やら何やら、あらゆる場面で
別の漢字(圧倒的に綾子さん)に間違えられたり、
もはや別人になれるレベルです!
草野綾子さん、串野絢子さん etc。

そういや、昔、成人前、いい大人に、
「楠野って、発音からしてクスノ、クス、
なんかクスぶってて幸先良さそうにないよね」
って言われたこともありましたっけ。
知るかーーーーほっといてくれやーーーー
名前自分で選べんのやーーーーーーって、
叫びたい気分で、「そうでしょうね」って
笑って答えたのを覚えてます 笑
名前は大事、だけど名前は名前であって、
その人の人生の幸・不幸に影響はないと
身をもって証明したいと思います 笑

散々自分の名前に文句言ったけれど、
何だかんだ自分の名前は
嫌いになれないですよね〜。
楠野も漢字だと結構カッコ良いと思うし、
紋子も、あまりこの漢字のあやこさんいないから、
特別な感じがするし。
楠野って苗字に、女の子やったらこれや!!って、
親が考えまくって捻り出した名前やし、
人には伝わりにくい名前でも、
自分にとっては、最高のパートナーやからね。

☆【2013年:水瀬あやこ出演情報】☆

【ジャズライブ スペシャルナイト ゲスト出演】

日時:2013年5月30日(木) 

  Pre stage/19:15~19:45(お客様の歌唱コーナー)

    Stage1/20:00~20:50

    Stage2/21:30~22:20

場所:KNOB(ケイノブ)    

(東京都港区六本木6-1-6ザクセンビル3F)

Tel 03-3404-4001/六本木駅より徒歩1分

チャージ:¥3500(ご飲食代は別途かかります)

お問い合わせ・ご予約:secky@themis.ocn.ne.jp(関口)

出演:関口マサト(ピアノ&メインボーカル)

    高橋宏種(ベース)、マーヤ(パーカッション)

    水瀬あやこ(ゲストボーカル)

↓↓イベントフライヤー↓↓

http://www.masato76.com/information/knob130530.htm

↓↓KNOBホームページ↓↓

http://www.geocities.jp/knob_2012/index.html

【戸田競艇場キャンペーン】

日時:6月9日(日) 1回目10:10~10:40

             2回目13:20頃~

      6・7レース終了後13:50頃~

場所:戸田競艇場イベントホール

    (埼玉県戸田市戸田公園8-22)

※JR埼京線戸田公園駅下車、徒歩30分、無料バスで5分。

【渚ゆう子さんのオンステージ】

渚さんのコンサートの中で歌わせて頂きます!

日時:2013年7月28日(日)

    開場 13:30/開演 14:00

場所:丹波市立春日文化ホール

(兵庫県丹波市春日町黒井496番地2)

料金:前売り1500円/当日2000円(全席指定)

未就学児の入場はご遠慮下さい。

チケットは、各プレイガイドにて発売。

↓↓プレイガイド一覧表↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5193.pdf

お問い合わせ・ご予約:0795-74-1050

(丹波市まちづくり部生涯学習センター芸術文化係/春日文化ホール内)

↓↓コンサートチラシ↓↓(PDFファイル)

http://www.city.tamba.hyogo.jp/uploaded/attachment/5190.pdf

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« 人生は一度きり | トップページ | 人それぞれ、ウエディングドレスのウェブサイトを見る理由 »

コメント

私も陰林さんや陰山さんと良く間違えられます。

最近、ハンドルネームもひらがなに変えました。

名前の猛義(たけよし)は「もう」と「ぎ」で変換してます。

ワードで漢字登録すれば、普通に名前を打てば

正確に変換するようになるけれどね

投稿: 京都のかげたけ | 2013年5月18日 (土) 18時02分

楠野さんという名前は、めずらしいですね。ネットでみると全国で1200人。名前の順位は7429位。自分の名前も全国で200人。順位は26222位だそうです。同じ名前の人は富山県と福井県にかたまっています。楠野さんは三重県の伊勢のあたりに出自があるようです。同じ名前の人には、まだお会いしていません。生きているうちに逢えたら嬉しいのです。神田明神に続いて三社祭。にゃんこたちもお祭り気分で、警備のおまわりさんたちに可愛がられ、ごきげんでした。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち | 2013年5月18日 (土) 20時21分

お名前からすると楠木政重公と関係があるのではないですか。「くすのもんこ」さんでしたか。たしかにあやは綾の字と勘違いいたしますね。姉の子は今シカゴで英語の先生をしておりますが、綾です。たしかひらがなではなかったような。いい加減なおじさんです。日本人がなぜ、英語を教えるんだと、地域住民からおしかりを受けたようですが、まあアメリカ生まれの親が日本人というだけで、ほぼネイティプです。かっこつけて「レットゥゴワォー」というと、ワォネィティプやん。ってね。音楽が好きだと英語も音楽に聞こえますよね。最初はそうやって覚えるといいそうです。私の苗字も伊勢と滋賀県や石川県にごくわずかに生息する希少品種のようです。(w

投稿: kano親子 | 2013年5月18日 (土) 22時48分

私が25年近く前に、初めて、テレビで「楠野紋子」というテロップを見たとき、正しく読めませんでした。苗字は読めましたが、名前は「もんこ」さんというのかなと勘違いしていました。「もんちゃん」と可愛がられているのかなと勝手な想像さえしていました。とても失礼な話なので、今、四半世紀近く過ぎて、謝ります。ごめんなさい。
さて、私は「楠野」という苗字に好感を覚えています。というのは、前にも、このブログで書きましたが、大好きな戦前の歌手「楠木繁夫」さんの名前を連想させ、いや、私(わたし)的には、楠木繁夫さんから「楠」の字をもらったような妄想をして、喜んでいました。楠木繁夫さんを知っている方は、今では余りいないのでしょうかね。村田英雄さんが昭和34年に歌った「人生劇場」を、昭和13年に歌ったオリジナルの歌手です。先日亡くなられた田端義夫さんのテイチク(当時の帝国蓄音器)の先輩歌手で、貧乏時代のバタヤンがお手本として、橋の下で猛練習をした「女の階級」を歌った歌手です。「緑の地平線」「白い椿の唄」といった古賀メロディの王道から、「どうじゃね元気かね」「のばせばのびる」という風刺のきいたユーモアソングまで幅広いレパートリーを聞かせてくれました。私生活では、「南から南から」の歌手三原純子さん(「セクシーナイト」の三原順子さんとは関係はありません)と結婚し、純子さんの病死を悲しみ、自ら、後を追った、優しくてロマンティックな方なのです。私の中では、島村抱月さんの後を追った松井須磨子さんと並ぶ愛のロマンティストです。だから、あやちゃんの「楠野」という苗字には、愛着を感じます。昭和歌謡を語るあやちゃん、ロマンティックで惹かれますよ。

投稿: 歌謡博士 | 2013年5月19日 (日) 04時06分

名前に関しては、ありふれた、よくある名前よりも、一度目は必ず間違ってしまうくらいの方が印象に残って良い気がします。個性として目立つからです。だから、そんなに悲観的にならなくても大丈夫ですよ!ちなみに、宮本という名前は、60番目くらいに日本で多い名前だそうです。小学校、中学校などで、まあ、1学年に1人か2人はいそうな割合だそうです。ですので、私目は芸名を昔からのあだ名であるミヤモにしたのです(苦笑い)。

投稿: ミヤモ | 2013年5月19日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/51678425

この記事へのトラックバック一覧です: 名前:

« 人生は一度きり | トップページ | 人それぞれ、ウエディングドレスのウェブサイトを見る理由 »