« ドキドキの結果 | トップページ | ふれあいフェスタ »

苺のかおり

1362226567218.jpg
ちょっと春が来た感じheart01
まだまだ寒いけど、春を感じると、
少しウキウキするのは何故でしょうか。

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« ドキドキの結果 | トップページ | ふれあいフェスタ »

コメント

イチゴは、万人の好感度第一位のフルーツですね。幼稚園生のころは4寸×8寸の小さな木箱に麦わらのクッションを枕に5個-6個ずつ6-7段に鎮座していました。品種も淡い赤の福羽苺か暗赤色のダナーの2種類しかなく、静岡あたりの石垣栽培が主流でした。出始めは4月、6月には終わってしまい、あとは秋口からの温室いちごでしたが、とても高価でした。いまは、厳寒期のいちごも出盛りの時期と余り変わらない価格ですが、コストの7割は温室の重油代と、テレビで放送していて、地球温暖化を考え、滅多に買わなくなりました。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち | 2013年3月 2日 (土) 22時32分

おとといは、汗ばむほど暖かかったのに、昨日は、風も冷たく、寒かったですね。まさに、さんかんしおんですね。さんかんしおんとは、韓流スターのサンカン・シオンさんの事です(笑い)。ウソです。三寒四温とは、冬季に、寒い日が三日続いたと思ったら、四日暖かい日が続き、このサイクルで段々、春に近づいて行く事ですが、春一番が吹き、3月なので、冬季ではなさそうですね。三寒四温というよりは、服部嵐雪さんの「梅一輪  一輪ほどの 暖かさ」でしょうね。おっと、梅ではなくて、苺ですか。苺だけに、It’s very(berry) warm.

投稿: 歌謡博士 | 2013年3月 3日 (日) 01時31分

イチゴは、いつでも、どのスーパーに行っても手に入る食べ物ですね。消費者にとっては、嬉しい限りです。ですが、本当は、春から夏にかけての果物なので、真冬に食べられないはずなのですが。最近は、植物工場と言って、工場の地下で、LED光、人工光、太陽光を調節して真冬でも作っているそうです。土は無くて、溶液で栽培しているとの事。害虫がつかない、農薬が少ないという利点はありますが、これで大丈夫なのか?と少し不安になります。旬な物を旬な時期に食べるのが一番いいそうです。

投稿: ミヤモ | 2013年3月 3日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/49802738

この記事へのトラックバック一覧です: 苺のかおり:

« ドキドキの結果 | トップページ | ふれあいフェスタ »