« 節分! | トップページ | 幸せを分け分け »

面白みを再発見

実家にこんなんあったんか!シリーズ。
とはいっても、ただ
捨ててなかっただけなんですけど(笑)
高校の時の教科書。
1359982574129.jpg
中身をみたら、大人になってから
実生活で役に立つことがいっぱい書かれてるpencil
少子化問題やら高齢化社会のこと、
年金やら、子育て、健康のこと、
今現在も社会問題になってることや、
一人一人が考えんとあかんこと。
ずっと解決されてない社会問題も山積なんやね。
それにしても、恋愛や性に関してのページが、
割と過激で、そのくせ変に隠してるから
余計に恥ずかしい感じになってます。
思春期やったら、これかなり気まずいよ(笑)

【水瀬あやこライブ情報】

洋楽Jazzライブ バレンタインスペシャル/ゲスト出演

日時:2013年2月14日(木)

プレステージ 19:15~19:45(お客様の歌唱コーナー)

1ステージ目 20:00~20:50/2ステージ目 21:30~22:20

場所:六本木KNOB(東京都港区六本木6-1-6-3F)

チャージ:3500円(別途ドリンク代がかかります)

出演:関口マサト(ピアノ&メインボーカル)

   高橋宏種(ベース) マーヤ(パーカッション)

お問い合わせ・ご予約 secky@themis.ocn.ne.jp(関口マサト)

HP: http://www.masato76.com/information/knob130214.htm

お店電話 03-3404-4001(オープン19:00〜土日祝休)

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« 節分! | トップページ | 幸せを分け分け »

コメント

これは意外ですね。私は、家庭科は小学生のときに男女一緒の授業があったきりで、中学時代は、女子は家庭科、男子は技術という所謂大工仕事みたいな授業がありました。高校時代は、家庭科という科目は、女子にもありませんでしたね。進学校だったからかな。だから、あやちゃんの高校の家庭科の本の内容に興味が湧きました。料理のし方、裁縫のし方、洗濯のし方、掃除のし方という家事一般を想像していたら、少子化問題、高齢化社会、 年金、子育て、健康など、家庭科というよりは政経(政治経済)の分野みたいな感じですね。今なら、それに介護が加わると思います。恋愛や性に関しては、保健体育の分野ですね。という事は、家庭科という科目が、たとえば、物理や化学、日本史や世界史がスペシャリスト的に、専門分野を掘り下げて勉強する傾向があるのに対して、家庭に関する問題をゼネラリスト的に、広く網羅するように広い視点でアプローチするイメージですね。ちなみに、うちには、家庭科の先生がいます(笑い)。料理なんかは、それこそ小学校の家庭科の授業以来した事がないのに、今は、実習を猛勉強です。家庭科の教育ママです(大爆笑)。

投稿: 歌謡博士 | 2013年2月 4日 (月) 22時30分

家庭科は小学生まで。運針が苦手でジグザグ運針、よく中年女性の先生に竹のものさしで折檻されて、余計苦手になりました。
愛と性の問題。小岩のライブで岩波さんが客席のつぶやきに素早く反応されて、「わたしって耳年増だから、よく聴こえる」。それって地獄耳のことですよ。思わず耳たぶが赤くなりました。

投稿: みなせあやこ猫と37匹猫 | 2013年2月 5日 (火) 07時51分

私目も歌謡博士さんと同様、家庭科は小学校6年生までで、女子と一緒。中学校は、女子のみ家庭科の授業があり、男子は技術という時間で、車の構造や電気エンジンの実習という授業内容でした。まだ、「男は社会に出て働き、女は家庭」という名残が残っていた最後の世代ですかね。私目が中学生になったあたりから、女性の社会進出、男性の家事という点が声高に叫ばれ始めました。私目は、自炊する事が生活の1部になってきましたが、揚げ物は難しくて苦手です。味付けも外食には勝てませんね(苦笑い)。

投稿: ミヤモ | 2013年2月 5日 (火) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/49182591

この記事へのトラックバック一覧です: 面白みを再発見:

« 節分! | トップページ | 幸せを分け分け »