« 自由な世界への旅立ち | トップページ | 音色タイムマシン »

新しい月、新しい本

二月がスタートしましたね! 昨日は、ブログへの皆さんの温かい メッセージをありがとうございました。 新しい月、また新たに頑張っていきますsun 面白そうな本を発見eye これなら易しく理解できそうだしheart01 1359722473340.jpg やりたいこと、興味あるものには 果敢に挑戦していこうscissors

【水瀬あやこライブ情報】

洋楽Jazzライブ バレンタインスペシャル/ゲスト出演

日時:2013年2月14日(木)

プレステージ 19:15~19:45(お客様の歌唱コーナー)

1ステージ目 20:00~20:50/2ステージ目 21:30~22:20

場所:六本木KNOB(東京都港区六本木6-1-6-3F)

チャージ:3500円(別途ドリンク代がかかります)

出演:関口マサト(ピアノ&メインボーカル)

   高橋宏種(ベース) マーヤ(パーカッション)

お問い合わせ・ご予約 secky@themis.ocn.ne.jp(関口マサト)

HP: http://www.masato76.com/information/knob130214.htm

KNOB電話番号 03-3404-4001(オープン19:00~/土日・祝休み)

【お知らせ】

この度、USENにて私の新曲がお聞き頂けるようになりました!

聞くことが出来るのは、今現在USENのみ!ということで、

皆様リクエストをして聞いてみて下さい。

リクエストの際には、水瀬あやこの「再恋」(さいれん)と

お伝えください。どうぞ宜しくお願いします。

|

« 自由な世界への旅立ち | トップページ | 音色タイムマシン »

コメント

あやちゃん、頑張ってね。オバカな私でも、あやちゃんの気持ちを少しでも和らげる事ができたら、幸せです。脳天気な明るさも、少しは役に立てたいです。
さて、私も「古事記」は読みました。学校の授業じゃありませんよ。学校の授業は、おもしろい文書もつまらなくする魔力があります。おもしろい事を不謹慎だと思う傾向があり、また、読み物というよりも、史料として扱うためかもしれませんね。また、生徒、学生も、試験に出ても答えられるようにと、先生の言う事を一字一句書きとろうと、ノートにペンを走らせるので、楽しみ、味わっている余裕がないからかもしれませんね。はっきり言って、「古事記」は長いですが、文章が躍動的なので、意外に早く読めます。学校の授業じゃ、火の神様を生んだときに、局部を火傷して死んだ事は、触れられないでしょうし、黄泉の国まで、会いに行ったのに、死霊と化して、襲いかかってくる姿に逃げ帰ってくる話は、愛を裏切るようで、教室では語れませんね。あまり語ると、これから読むあやちゃんの楽しみを奪ってしまいますね。古代人が伸び伸びと綴ったロマンだからこそ、遥かな時代を越えて、魅力を伝えるのです。

投稿: 歌謡博士 | 2013年2月 2日 (土) 01時38分

「古事記」とは、古風な書籍ですね。入社から55歳の定年まで32年、郷土史の編集をして全国を旅しましたが、神社の記述には、記紀が欠かせません。祭神の神様の名のおしまいが命、神、尊とあって、記紀のどちらに依拠しているか分かるのです。個人的には神仏に深く帰依していませんが、嫌悪もしていません。記紀では古人の想像力の豊かさが、現代人を凌駕していることを示しています。日経の終面に月ごとに書かれる記事を愛読しています。最近では有馬稲子さん、佐久間良子さん、水木しげるさん、渡辺淳一さんが出色でした。現代の「古事記」といえるかもしれませんよ。

投稿: みなせあやこ猫と37匹猫 | 2013年2月 2日 (土) 05時46分

「古事記」は、学生時代に歴史の授業で聞いて以来、久しぶりにタイトルの名前を聞きましたね(苦笑い)。上記の本の内容を読んでいないのでコメント出来ませんが、本のタイトル横にある、愛と野望、エロスが渦巻くという、おどろおどろしい紹介文が何だか気になってしまいます。大奥など、政治の舞台裏からみた話しは面白いですが、学生時代の受け身な教科書丸暗記はしんどかったですね。

投稿: ミヤモ | 2013年2月 2日 (土) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219857/49110612

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい月、新しい本:

« 自由な世界への旅立ち | トップページ | 音色タイムマシン »