« 西丹沢もみじ祭り | トップページ | 走る猪 »

見られると恥ずかしい、隠さなあかんと見せたい

今日は来週のVanguard3というライブのリハーサル

今回も、沢山の出演者がいるので、面白い

豪華なライブになるはずです!

ところで久しぶりに、デジカメで撮った写真を

写真屋さんでプリントアウトしたんですね

友人にあげるのが含まれていたので、

家のプリンターより良い画像を・・・と思ったんです

どの写真を何枚とか言うような選択はセルフだけど、

出来た写真を手渡される時、お店の方が目の前で

その写真で間違いないか広げて確認されたんです

いかがわしい写真も恥ずかしい写真も全くないし、

全部正々堂々とした?ものばかりやけど、

プライベートを見られるようでちょっと恥ずかしかった

昔は写真現像、殆どすべて写真屋さんに頼んだから、

どんな写真も全部バレバレやったし、それが当然だったはず

だからその頃はあんまり恥ずかしいなんて思わんかったけれど、

今は家でプリント出来るし、そういうプライバシーって

100%守ろうと思えば守ることが出来るから、

人に見られる方が不自然になったってことなんでしょうね。

プライバシー・・・って概念が定着してから、

その考えに基づいてか、もしくは偶然にせよ

その方向で習慣付いてきたものも沢山あるなぁ。

なのに反面、ブログとかSNSの普及で、

プライバシーが漏れ漏れな状態も習慣化

こちらはもちろん自分で選択することも出来るけれど、

真逆のものが同時に進行していくっていうのも

何だか面白い現象やなぁとふと思ってみたりしました

2011年 水瀬あやこ出演情報

【Vanguard 3】

日時:11月20日(日) 開場15:00 開演16:00

場所:渋谷GLAD(渋谷区道玄坂2-21-7第八矢澤ビル)

チケット:3000円(予約)3500円(当日)/各ドリンク500円

お問い合わせ・ご予約:03-3583-9013(シフトエス)

出演:Vlidgeさん/D-51さん/Meyouさん 他

※水瀬の出演時間は19:00頃からです。

【関口マサトさんCDデビュー記念ミニコンサートゲスト出演】

日時:11月23日(水曜祝日)

   昼の部 12:00~/夜の部 18:00~

場所:39パーティルーム(荒川区西日暮里5-11-8-9F)

料金:5000円(飲み放題、軽食付き)

↓↓↓イベントフライヤー↓↓↓

http://www.masato76.com/live/info/ainowain111123.htm

【水瀬あやこクリスマスライブ in 2011】

日時:12月24日(土) 

    開場19:00 開演19:30(終了22:00予定)

場所:ボストンドリームズ

    (港区六本木5-18-20六本木ファイブビルB1)

チャージ:3000円(飲食代は別途かかります)

お問い合わせ・ご予約:電話 03-3583-3988

              メールinfo@boston-dreams.com

お店HP:http://www.boston-dreams.com/index.html

|

« 西丹沢もみじ祭り | トップページ | 走る猪 »

コメント

個人情報あるいは個人情報漏洩が叫ばれていますが、芸能人は、その個人情報が魅力なのです。昔の「人に歴史あり」から、「いつみても波乱万丈」、はたまた「ろみひー」など、真面目な番組から、おもしろいバラエティに至るまで、芸能人のプライバシーは人気のルーツなのです。これが、フォーカス、フライデーによって、芸能人のプライバシーも侵害という意識が強くなりました。でも、いまだに、芸能人におけるプライバシーの侵害は、有名税と思われていますね。
ちなみに、芸能人ではありませんが、昔は、雑誌の付録に、野球選手の住所録みたいなものがあり、確か、王選手、長嶋選手の現住所も載っていたような覚えがあります。

投稿: 歌謡博士 | 2011年11月13日 (日) 21時28分

個人情報っていうか、別にいいのにと思うほど「名簿」など配布されなくなったし、つまらない世の中です。ネットで2チチャンネルで悪意の中傷などあるけど、事実ではないので、いちいち気にしないことにしています。会社で10万円の「日本紳士録」や2万円の「高額所得者名鑑」を出版していた入社当時、ずいぶん応援に駆り出され原稿を作成したものですが、いまの時代には考えられない本でした。写真は、猫しかうつっていないので恥ずかしくはないのですが、デジカメで撮らないことを写真屋さんに不思議がられます。パソコンの普及もある一面では、愚劣ですね。

投稿: みなせあやこ猫〔みゅん〕 | 2011年11月14日 (月) 16時19分

昔一眼レフのカメラを担いで奈良や京都を歩き回り撮った写真を

馴染みの写真屋さんへいつも出すのだけど、今回はピンポケが多いななど

構図がイイねとかアドバイスを貰っていたけど

今は気に入らない画像があったらその場で取り直しが出来るし

印刷も自分でしてしまうので、写真屋さんが懐かしいです。

投稿: 京都の影林 | 2011年11月14日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見られると恥ずかしい、隠さなあかんと見せたい:

« 西丹沢もみじ祭り | トップページ | 走る猪 »