« 御殿場 | トップページ | ミラクルマジック »

オーラ

・・・の泉じゃないですけど、よく聞く言葉・・・。

しかし一体何者ぞ?体から発生している何??

もしかして汗が蒸発する時の色??

こんな話をすると、嫌な女や~と思われるかもしれないけど、

(いや、すでにバレてるかもしれないです 笑)

何でも初めて教えてくれる先生というのは超大事やなぁ

と痛感したことがありましてねぇ

相変わらず好きなベリーダンス、レッスンでほんのたまに

代講の先生の時があるんです。

もちろんプロの先生やから、しっかりしたレッスンなんですけど、

ふと思ってしまう事があって・・・

いつも習ってる先生に巡り合えてすごいラッキーやった!!と。

体型と仕草の細かさで一目瞭然なんですけど、

美しく見せることに関してかなりストイックな先生やから、

生徒側からしても、レッスンの質が良いということに加えて、

私もこうなりたい!っていう憧れをもたらせてくれる

何かがある先生なんですよね~

多分それがオーラってやつでしょうけど、

極めるストイックさが影響してるんかなとも思います。

よく学校でも好きな科目、嫌いな科目が決まっていくの、

習う側の素質だけでなくて、先生と合う合えへんが

すごい大きいって言いますやん。

ちょうどそんな感じで、私が違う先生に最初習ってたら、

もしかしてベリーダンス続けてなかったかも分からんし

水瀬あやこスケジュール

Live in KNOB

日時:6月27日(日) 開場13:30 開演14:00

場所:六本木KNOB(港区六本木6-1-6ザクセンビル3F)

チケット:2500円(フリードリンク)

お問い合わせ、ご予約:03-3583-9013(主催shift-s)

※主にボイストレーニング教室の生徒さん達出演ライブで

水瀬はゲスト出演となります。

|

« 御殿場 | トップページ | ミラクルマジック »

コメント

オーラという言葉は、最近とは言わないけれど、昭和の後期から平成年間に話題になってますね。流行語かと思ったら、最近では、もうスター性を表す一般的言葉に定着しています。
でも、私の知る限り、この言葉を初めて聞いたのは、昭和35年の三橋美智也さんの「達者でな」で「オーラ オーラ 達者でな オーラ オーラ 風邪ひくな」です(それは意味が違うだろ)。また、昭和42年の特撮テレビ番組「怪獣王子」では、怪獣王子がブーメランを投げるときに、「オーラ」と叫んでいます(それも違う)。
いや、オーラという言葉は、古くから、超常現象を表す用語として使われ、霊気とか、霊体とか、エクトプラズムを意味していたようです。私が昔に読んだ少年雑誌「冒険王」だったか「ぼくら」だったかに、心霊現象の特集があり、体が滅びても、精神体がオーラという形で存在するから、心霊写真が撮れるのだそうです。そして、暗い所に向かって、手をかざすと、手の輪郭からぼんやり色のついた薄明かりが解るそうです。その人の性格によって、色が違うそうです。おおざっぱにしか覚えていませんが、赤なら情熱家、青なら冷静な性格、黄色なら陽気、緑なら現実主義者、オレンジなら独創家など、もっともっと書いてあったような気がしましたが、詳細は忘れました。
そして、今は、オーラはスター性、男性または女性的な魅力、輝き、色気、そして、気功でいう「気」なども言いますね。転じて、ただ目立つ人もオーラがあると言い、オシャレでセンスが引き立っている人も、オーラがあると言います。また、物にも私はオーラを感じます。買い物をしているときに、物の方から、目に飛び込んでくるようなアイコンタクトを感じた時に、物にオーラを感じます。清水章吾さんが、アイフルのCMで、チワワのクーちゃんのオーラに魅せられて、飼うことになったように。
私(わたし)的には、好きな女性、特に初恋の頃なんかに、その人が眩しくて、まともに顔が見られないようなときが、最高のオーラだと思いたいです。眩しいだけでなく、顔が火照り、心が熱く燃えてくるので、物凄いエネルギーなのです。

投稿: 歌謡博士 | 2010年5月28日 (金) 00時43分

出会うか出会わないかが人生を左右する。
そんな大きな出会いってあるよね。
早いか遅いか・・・。
出会わなきゃならないひと(物事)には、いつか出会う事になってる・・・ような気がするよ。
恋愛もその一つかなあ。
運命的な出会いだ、と思えるひと(異性)は光り輝いて見えるもんね!

投稿: 四羽の鷹 | 2010年5月28日 (金) 04時30分

きりっと姿勢の良い方はオーラが見えますね

ネコ背で姿勢が悪く影の薄い私は
オーラなんてまったくありません。

投稿: 京都の影林 | 2010年5月28日 (金) 20時48分

先生によって、その教科が好きになるってのは、おおありですね。中学2年のとき、何をおもったのか、理科の井上先生が「この分野は、俺よりお前が適任、お前やれよ」授業をやるのは、別にいいけど、それって変じゃないのって・・・・・・。中学生が中学生に授業するって。井上先生、破天荒だったけど、いい先生だったにゃ。就職先は法律の版元だったけど高校、大学は地質学ばっかりだったもんね。

投稿: みなせあやこ猫 | 2010年5月28日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーラ:

« 御殿場 | トップページ | ミラクルマジック »