« 五月や~!! | トップページ | こんな歌あんな歌☆ »

赤堤の六所神社で

赤堤の六所神社で
赤堤の六所神社で
赤堤の六所神社で
赤堤の六所神社で

バーベキュー!!

私にとってゴールデンウィーク最大のイベント

神社に関わる何十人もの人たちが参加して、

そりゃ盛大なのになりましたよ~

食材も豪華やし、場所も良いし、何より楽しい人ばっかり

それにしてもここでは、何かイベントがあったら

毎回のように声をかけてもらっているので、

それは人生の楽しみの大きな一つになっていますよ。

これも全部、紹介して下さった渚ゆう子さんの

お陰なんですけどね

今日はブラジル人のミュージシャンも参加で、

途中サンバとボサノバのステップ大会にもなりました

写真に写ってるお酒はブラジルのお酒でーす!

色んな文化のミックスは最高に面白い、

もっと色々この目で見たいって思わせてくれる刺激になります

水瀬あやこスケジュール

キャンペーン

日時:5月15日(土)   

   (一回目)10:10~

   (二回目)13:30頃~(6、7レース終了後)

場所:戸田競艇(埼玉県戸田市戸田公園)イベントホールにて

ホームページ→http://www.toda-kyotei.jp/

|

« 五月や~!! | トップページ | こんな歌あんな歌☆ »

コメント

六社神社は、あやちゃんのフランチャイズのひとつですね。渚ゆう子さんの紹介がきっかけになりましたが、もう、あやちゃんは、欠かせない人になりましたね。渚ゆう子さんファミリー、GSの雄ザ・スパイダースが二大看板のように思っていましたが、ブラジルのミュージシャンが参加して、サンバとボサノバの共演とは、本当に国際的です。
ブラジルの官能的なダンスは、男性の目だけではなく、あやちゃんの感性(かんせい)にも訴えた事でしょうね。ベリーダンスやトルコの踊りにしても、あやちゃんは女性の美しさを表現するダンスを冷静かつ的確に、とらえているようですから。そして、あやちゃんのダンスには、日本人的なしなやかさと細やかさがあるので、見ていて、上品ですね。
私は、いろんな文化は、受け手であり、歌い踊る表現者であるあやちゃんの芸術性の中でミックスし、独自の魅力を醸し出しているように思えるのです。芸術は、マネから始まるのでしょうが、それだけでは、借り物に終わってしまいますね。それを、どう解釈し、今の日本の地に、馴染ませるかの工夫(くふう)が、面白いのです。

投稿: 歌謡博士 | 2010年5月 3日 (月) 00時18分

六所神社。告知してくれれば、飢えたにゃんこが大挙してお邪魔したのに・・・・・。あの六本木にいらした。実業家ふうの宮司さんにもあいたかったのに。でもプライベートだからね・・・。あやちゃんと支援者だけのオフ会も期待してるよ。もちろん、にゃんこもゆくよ。

投稿: みなせあやこ猫 | 2010年5月 3日 (月) 07時24分

今年も、お祭りのイベントとか有りそうだね!

投稿: 四羽の鷹 | 2010年5月 3日 (月) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤堤の六所神社で:

« 五月や~!! | トップページ | こんな歌あんな歌☆ »